京都・大阪・滋賀でビザ申請をサポート お問い合わせは
申請取次行政書士による在留資格・法改正情報

ビザ(在留資格)の情報や法改正
申請上のポイントについて紹介

ビザ申請の無料相談も受付中

📱でのお問合せ

勝見 功一

業務雑感

医療滞在ビザについて

日本で医療を受けるために 当事務所にも「日本の医療機関でないと難しい治療があるので(親族に)日本で治療を受けさせたい。」とのご相談はよく寄せられます。 日本の医療機関を受診するだけならば短期滞在でも可能ですが、短期滞在には90日の期...
未分類

ワーキングホリデーから就労ビザへの変更の可否

ワーキングホリデーから就労ビザへの変更 近年、ワーキングホリデーで来日した外国人を採用する企業を多く見かけるようになりました。 理由としては、ワーキングホリデーで来日した外国人は大学や大学院等を卒業した20代くらいの人物が中心で、ワ...
業務雑感

永住申請における年収と扶養人数

永住申請では年収と扶養の関係が重要 永住申請において重視される要件の一つに独立生計要件があります。 独立生計要件とは、国を頼らずに、国に財政負担をかけずに生活していけるのか(生活保護など受けなくても生活できるのか)、ということだと考...
就労ビザ

外国人と労働保険

外国人労働者と労働保険 就労ビザを取得し、外国人を雇用する上で守るべきルールとして労働保険の関係があります。 労働保険とは、業務上の災害や通勤途中の災害による傷病等を補償する労災保険と失業や雇用継続などのために給付金を支給する雇用保...
業務雑感

短期滞在ビザの延長は可能なのか

短期滞在ビザの性質 短期滞在ビザは外国人が観光や親族訪問、短期の商用等を目的として日本に来るためのものです。 短期滞在ビザの場合査証免除国と非免除国があり、査証免除国の方であれば申請や手続き不要で日本に入国し滞在することができます(...
法改正情報等

2019年新在留資格「特定技能」と永住について

2019年新在留資格と永住についての考察 外国人労働者の受け入れ拡大のために2019年4月にも新設されるという「特定技能(仮)」という在留資格ですが、徐々に新しい情報が入り、全体像が見えてきつつあります。 先日(2018年11月7日...
就労ビザ

留学ビザから経営・管理ビザへの変更はなぜ難しいのか

留学ビザから経営管理ビザへの変更はなぜ難しいのか、そのポイントを申請取次行政書士が解説します。
就労ビザ

経営・管理ビザと500万円の出資

経営・管理ビザと500万円の出資 経営・管理ビザ申請の中で最重要とされる500万円の投資要件。 このことから逆に「500万円さえ準備すればビザが取れる」と考える方も多いようです。 この500万円の投資要件については基本的には平成2...
就労ビザ

外国人配偶者の離婚とビザ

日本人の配偶者として日本に住んでいる外国人が離婚した場合、ビザはどうなるのか。その対処法について申請取次行政書士が説明しています。
業務雑感

簡単に考えないでほしい外国人の離婚後・退職後の事

当事務所に相談に来られる相談者の方には配偶者と離婚したり、会社を退職したという方も結構おられます。 今の世の中で離婚や退職自体は特に珍しい事ではありません。 ただこの場合問題なのは、日本の在留資格制度に詳しくないせいか、自分の置かれ...