永住権・永住ビザの申請・取得方法についてご紹介します。配偶者ビザ・永住権の取得なら京都ビザ申請相談室。
行政書士かつみ法務事務所
075-441-3307

平日 9:00~17:00(土日祝対応あり)

メールは365日24時間受付 無料相談は土日祝対応

京都ビザ申請相談室
余白
  1. HOME
  2.  > 永住権・永住ビザの申請・取得方法

永住権・永住ビザの申請・取得方法

永住ビザとは、在留資格を持つ在日外国人の方が日本に住み続けることを希望するときに、従来の在留資格から変更して取得するビザです。他の在留資格と違い、『日本永住権』などと呼ばれることもあります。

『従来の在留資格から変更して』取得するものであり、上陸許可の時点では永住者のビザを取得することは出来ません。また、同じく日本に住み続けることができる帰化との区別がわかりにくいかもしれませんが、帰化についてはこちらをご覧ください。

  • 永住権・永住ビザの特徴

    永住ビザの特徴イメージ

    永住ビザとは、在留資格を持つ在日外国人の方が日本に住み続けることを希望するときに、従来の在留資格から変更して取得するビザです。他の在留資格と違い、『日本永住権』などと呼ばれることもあります。
    永住者ビザは他のビザとは大きく異なります。永住者の資格を得ると、在留期間・在留活動いずれも制限されません(「永住権」と言われるゆえんでしょう)。在留期間・在留活動いずれも制限されないということは、職種を問わずに就労することが出来るし、面倒な在留期間の更新も行わなくても良いということです。
    そして永住者の場合、元の国籍を変更することなく日本に住み続けることができます。

  • 永住権・永住ビザ取得の基準

    永住ビザ取得の基準イメージ

    永住者ビザは他のビザとは違い、在留期間・在留活動いずれも制限されません。
    このため通常の在留資格よりも慎重に審査を行う必要があり、他の在留資格の変更手続と別の規定が特に設けられており、必要な基準も高くなっています。
    そして2019年7月から新ガイドラインに基づく永住申請の運用が始まりました。
    全体的に必要書類が増え、以前よりも厳しいものになっていますが、やはり年金記録の提出が必要となったことがとりわけ目を引きます。やはり年金記録の話になると難色を示す永住検討中の方は多いと思われ、同様の傾向は地域などを問わないようです。

  • 永住権・永住ビザ取得に必要な資料

    資料イメージ

    永住権・永住ビザ取得には多くの立証資料が必要ですが、どの在留資格からの変更になるかで必要となる書類は変化します。各在留資格からの申請につき必要書類を紹介していきますがただし、これらの書類は最小限の必要書類です。これらの書類を提出しても永住申請が不許可になる可能性もあります。
    また、最近永住よりも有利では?と話題になっている高度専門職2号についてもここで説明しておきます。

  • 永住権・永住ビザ取得の流れ・費用

    流れ・費用イメージ

    永住権・永住ビザのご相談から、お手続き、申請、永住ビザ取得までの流れをご説明します。
    また、かかる費用・報酬についてもご説明いたします。
    なお、サポートの内容・報酬額の基準は、できる限り明確でわかりやすくなるように努めておりますが、疑問、不明な点などがございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

ビザの各種手続き、ご相談ください
  • ビザの各種手続き、ご相談ください
  • お電話は075-441-3307
  • メールフォームはこちら

このページの先頭に戻る